ネイリストの将来性|ネイルスクールに通って本格的にネイルについて学ぼう!

ネイル業界の現状と未来について【ネイルスクールとして独立も目指せる】

ネイルスクールをチェック

ネイリストを目指す養成学校であるネイルスクール。今では、全国的にもネイルスクールが増えていて、選ぶことも困難かもしれません。しかし、学校で楽しいスクールライフを送るために、体験レッスンやオープンキャンパスなどを活用して、ネイルスクールの環境を調べておくといいでしょう。また、ネイルスクール卒業後どういった形で働いていきたいのかを考えていくことも大切です。

ネイリストとして働ける現場

ネイルサロン

ネイリストの働ける現場として、代表的なのがネイルサロンになります。ネイルサロンでの仕事内容としては、ネイルケアとネイルアートのどちらもあり、爪に関する技量や知識が問われます。そして、ネイルサロンといっても立地によってターゲット層が異なるので、お客様やお店の雰囲気にあった装飾をする必要があります。

美容室

今では、美容室においてもネイリストの活躍できる場所になります。美容室でのネイリストの仕事はカラーやカットの合間のフリーな時間帯を活用して、お客様により満足してもらうために爪のケアや装飾を施すことを目的としています。美容師とも仲良くなれるので、美容室で働きたいという女性も多くいらっしゃいます。

ネイルスクールの講師

ネイルスクールで教わった技術や知識を基に、ネイルスクールの講師を目指す方もいます。ネイルスクールの講師は人に教える立場なため、より専門性の高い知識や技術が必要とされます。学校で多くの生徒を指導したいという方はネイルスクールの講師はピッタリでしょう。

独立開業やフリーランス

ネイリストになる方の中には、独立開業やフリーランスなどで自由に働く方もいます。独立開業では、ご自身で経営をするサロンで働きことができるので、ある程度好きなように働くことができます。一方、フリーランスは複数のサロンと委託契約を結ぶことによって、働きたいときに出勤する形になります。

ネイリストの将来性

ネイルチップ

ネイル業界の今

近年では、美容ブームも相まってネイルアートは女性の美容において欠かせない施術となりました。そのため、ネイル業界はネイルビジネスにおいて非常に好調なのです。また、ネイルのアートも年々、新しい技術が流行していて勢いは未だにとどまることを知りません。

増えているネイルサロン

このような背景から、今やネイルサロンの数は増え続けています。だからといって、ネイリストの仕事が沢山あると喜ぶのは良くありません。増えているということは、当然のこと、各店舗の価格競争が激しくなるということです。そして、中には価格競争に破れてお店を閉じる方もいらっしゃいます。

一人前のネイリストになる

ネイリストとして、ずっと現場で活躍していくためには、繫盛しているサロンに在籍するのが有利です。しかし、最近はネイリスト志望者も急増していることもあり、なかなかそういったところに就職するのは困難です。だからこそ、大阪ではネイルスクールで資格の取得を目指している方も多くいるのです。ネイルスクールでは、資格取得を目指せるだけでなく、しっかりと就職をサポートしてくれるので、安心して一人前のネイリストを目指すことができます。